So-net無料ブログ作成

鐘紡(カネボウ)洲本工場跡の歴史と変遷!! [観光]

鐘紡(カネボウ)洲本工場跡の
歴史と変遷!!

鐘紡(カネボウ)って淡路島に進出して
いたんですね。


兵庫県では、姫路城も観光スポットとし
て有名です。

姫路城を見に行こう!!

淡路島 観光のおすすめ スポット!! No.1~No.29
淡路島 観光のおすすめ スポット!! No.30~No.100


093御食館.jpg

一体、いつからなのでしょう?


地域情報 ブログランキングへ


目次ページはこちら


~ 時期 ~


明治33年 1900年
鐘紡(カネボウ)洲本第一工場

現在 ⇒ 山手から塩谷に移転


明治42年 1909年
鐘紡(カネボウ)洲本第二工場

現在 ⇒ 洲本市立図書館


大正9年  1920年
鐘紡(カネボウ)洲本第三工場

現在 ⇒ レストラン御食国


場所:洲本市塩屋一丁目

地図




スポンサードリンク







旅行・観光 ブログランキングへ

明治に鐘紡(カネボウ)は淡路島に進出
していたんですね。

この辺りは、レンガ造りの建物が多いな
と思っていたんですが、鐘紡(カネボウ)
の工場跡だったとは。

図書館に入ったことありますけど、雰囲
気がいいところだなと感じました。


洲本に関する記事はこちら

おすすめの淡路島 洲本の観光!!

淡路島 洲本温泉の日帰り!おすすめは?


淡路ごちそう館 御食国(みけつくに)
で、海鮮丼を食べたことがあります。

淡路島で大人気!!海鮮丼と生しらす丼をWで楽しめるところは?? 



スポンサードリンク






グルメ ブログランキングへ





鐘紡(カネボウ)が、淡路島洲本に来る
背景はどのようなものだったのでしょう
か。

この時代、紡績産業がさかんになってき
ています。

鐘紡(カネボウ)は関東を中心に展開し
ていましたが、アジアを事業の視野に入
れた時、関西の拠点に淡路島洲本が、立
地的によかったのでしょう。



鐘紡(カネボウ)が、撤退後は一時この
鐘紡(カネボウ)洲本工場跡は、あまり
有効に使われていなかったようです。



用地の整備にいたるに。

鐘紡(カネボウ)の事業転換により、し
ばらく用地の放置状態が続きました。

平成5年に鐘紡(カネボウ)との話し合
いにより、旧洲本港埋立地を含め、開発
整備がすすめることが決定しました。

この開発のときにレンガ造りの建物を残
したのがよかったですね。

レンガ造りの建物は地震にも強く、大地
震を2回も乗り切っているとのこと。

北淡震災記念公園 見学所要時間や施設情報

淡路島観光では是非、行ってみてはいか
がでしょうか。

海鮮グルメも楽しめますよ。


==================

スポンサードリンク





==================


この記事を読まれた方はことらの記事も
読まれています。

淡路島たまねぎは、なぜおいしいのか?? その特徴は?? 
淡路島へ行けない方必見!淡路島たまねぎの購入方法紹介!! 
淡勝手にランキング!? 大人の淡路島 観光!!
淡路島観光!ノープランてもドライブで楽しもう!?
淡路島の観光!!遊びも入れるならどこがいい??
淡路島の生石公園を散策!! その先に見える物は?




nice!(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。